会議名:平成17年建設水道常任委員会( 3月14日)
○中内委員 私は、二、三点、道路関係についてご質問をさせていただきたいと思いますが、この当委員会の担当の課の皆さんは、本当にハード面というんか、事業面とか、そして、ソフト面では市民の要望、あるいは地権者の意向も聞かしていただいたりして、本当に事業を進捗をしていただいていると。本当にご苦労をかけていて、本当に大変だなと思うんでありまして、そういうなんも含めながら質疑をさせていただきます。

 まず、要望でありますが、市道整備で私もいろいろ地元から聞かしていただいてた分が役所のほうに届いてるかどうか、ちょっと確認だけはさせていただき、要望とさせていただきたいと思いますが。

 耳原公園の駐車場から、今で言う旧西国街道、あそこまでの間の歩道の設置の事業でございますが、公園の中の部分については歩道設置ができております。幣久良橋までの間、いろいろやっぱりポンプ場があったり、お墓があったりして、いろいろ事情があるんですが、引き続き、歩道設置についてお願いをしていきたいなと、このように要望させていただきます。

 それから、安威一丁目宿久庄三丁目線と思いますが、福井郵便局の前をずっと東西に走っている線でありますが、山西橋の、あそこの改良の件でありますが、福井側で一部買収が残っているということで、一部いろいろ支障があると。福井の皆さんには、ご協力をいただいて、きっちりできておるんですが、一部残っておると。堤防からの橋の取りつけとか、また、歩道の改良とか、この辺もお聞きしていただいていると思いますんで、引き続き、またよろしくお願いしたいなというのと。

 安威の話でありますが、追手門の入り口からずっと北に向かって、山麓線までの農地も含めました市道の計画でありますが、大池の工事の占用道路というのが市道に、いずれ整備をしていただくというようなことで、地元から要望が上がっておると思いますが、農地の部分について、ある程度、意向が反映された形で進んでいるようですが、引き続き、市道として整備をしていただきたいなと、このようにまず要望しておきます。

 それから、2点でございますが、まず1点目は、都市計画道路畑田太中線の関係でございますが、私も本会議でいろいろさせていただいた経過もありまして、中央環状線、近畿道、あのつけ根からずっと蔵垣内、丑寅までの整備の件でありますが、あそこの整備については、中央環状線を横断して行かへんかったらいかんというような要望もさせていただいてますが、それとともに、大正川を横断をしていくというような畑田太中線になっておりますが、その工事の、あるいは用地買収等の進捗状況というんか、これからの計画とか、ありましたらお願いしたいんですが。本当に南のほうは私ども、この役所のほうから南へ行く道は、あそこが大動脈でありまして、何といっても畑田太中線と、こういうことでありますんで、少しでも進捗すればなと、このように考えての質問でございます。

 それから2点目に、行きどまりの市道、あるいは地区内道路がところどころにあろうかと思います。本市だけじゃなくって、全国的というんか、近隣市においても、そういうのがたくさんあるんでありますが、少なくともそういう道路というんか、行きどまりの道路の防止というんか、対策とか、そういうのがちょっと心配しておりますが、あるんであれば、ひとつちょっとお示しをいただきたいなと、このように思います。

 とりあえず、2点についてお願いします。

○杉浦道路交通課長 畑田太中線の南茨木駅付近の天王一丁目から天王二丁目において、中央環状線からモンセーヌ南茨木というマンションまでの区間については、平成16年3月末に完成しております。そこから蔵垣内までの区間については、以前から地元からも早期整備について種々要望がございまして、当面、何分、距離が長いですので、丑寅一丁目、二丁目の境までの区間につきまして、平成17年度、測量調査や、また、大正川に橋がかかる関係もありますので、概略設計等に取り組んでまいりたいと考えております。

 以上です。

○岡本建築指導課長 行きどまり道路の改善策はないかというご指摘でございますが、市内の中には依然として旧集落をはじめとしまして、かなりまだ袋状道路が実存しております。

 1つ考えられますのは、袋状道路の基準としましては、一応4メーター道路につきましては35メーター以下、それから6メーター以上の道路であれば50メーター以下までは、どん突き道路は可能やという1つの一定基準ではございますが、現実としまして、なかなか、計画でもあれば、通り抜け道路にできる要素はございますが、何分、建築確認などにおきましては、所有者の理解、協力、これがなければちょっと難しい問題でございますので、よろしくお願いいたします。